So-net無料ブログ作成

リューイン「神さまがぼやく夜」

 2015年1月20日ヴィレッジブックスより発行、待望のマイケル・Z ・リューイン作のユーモア小説である。本裏表紙には「万物の創生主、神は悶々としていた。ある計画を胸に下界に降りたものの、百年ぶりの世界はすっかり様変わりし、かつて自分に似せて創った人間たちはスマートフォンにタトゥーに脱毛、理解不能な進化を遂げていたのだ。そこで彼らを知るため夜ごと酒場めぐりを始めるが、男と女の関係はどうも複雑怪奇なようで……。ミステリーの名手が極上のユーモアで現代社会を風刺する意欲作」 と記されている。

 上の惹文句を少々補正すれば「著者の神に関する感覚はわれわれ八百万の神を戴く日本人とは異なる。全知全能の存在である神が初めて無邪気に創造したこの世界に関し、自らの創造にある疑問を感じ始めてからの悪戦苦闘=真面目に考え、行動することから顕れ出てくる、さまざまに面白い場面を最後にはこの世界の再生可能性も期待させて終る、話」。

 

 上記の内容を表わすような幾つかの描写を綴ってみよう。

 

最初の宇宙を創ったとき、私は正真正銘のビギナーだった。宇宙を埋め、広げるために用いた道具も技術もしっちゃかめっちゃかだった。

・・・「主よ、そういうことではございません」 「だったらどういうことなんだ?」私はいささか不機嫌になって髪を払った。同時に、サハラ砂漠で砂嵐が起きた。「それが――」とペトロは言った。「こういう場所がございまして……」そう言って手に持ったクリップボードを見た。「テキサスというところで…」

・・・「それでも、この問題に対処する時間を取ることはもう決めた。下界の人間の中に自分を溶け込ませることも。どんな対処をするにしろ、まず人間を理解しなければならないからね。彼らはどうしてテレビ番組のことしか考えていないのか。相手が誰であれ、自分たちと異なる者は誰でも殺さなければならないと考えているのか。あまつさえ、次の食べものはどこから来るかということしか考えていないのか」

 「主よ、次の食事か、病気のことか、人間の多くがこのふたつを考えているのは確かでございます。…」 「だから、時間を持ちながら、まともな振る舞いができないでいる現代人に、私は注意を向けようと思うのだよ。彼らこそ最も堕落した者たちだ。悪魔の甘言に一番誘惑されやすい者たちだ」

・・・「なぜなら為されるのは私の意志であって、おまえたちの意志ではないからだ。おまえたちの誰ひとり竪琴ので永遠そのものになることを望まないなら、もうそろそろそれぐらいの努力はしていい頃だ」 私は十ばかりの稲妻を放った。それはひとつの大地震、四つの地震、ひとつの火山の噴火になった。

・・・しかし、外は暑くてもバーの中は涼しかった。これまた私には人間の不可解なところだ。気候をより暑くする機械を使って自分たちだけ涼む。人間は何とも不思議なやり方を考えるものだ。

・・・が、そこで私は突然気づいた。進むコースが変えられない以上、闇の中に消えていくのは、増えつづける現代人の宿命であり、避けられない未来ではないか。

 さらに私は気づいた。私もまた悪夢に出てきたネズミの中にいることに。ネズミは現代人の代替物ではなかった。あのネズミこそ現代人だった。夢の中で私はまさにネズミだった。それは私が彼らのモデルだからだ。彼らが私に似ていれば私も彼らに似ているという道理だ。

 人間を創ったとき、人間には私の弱点もまた刷り込まれる可能性のあることなど考えもしなかった。私はそのことにも改めて気づいた。人間が発展すればするほど、私の性癖が重要な意味を持つかもしれないなどとは思いもよらず、人間を地球に送り出したことに関する夢だったのだ。

 「ほんとに?」 「ほんとに」 「正直に言うわね。ほんとに責任が持てて、自分のやれることを示せる職場って、それってもうわたしにとっては天国以外の何者でもないわ」・・・「基本給自体も相当よくないとね。――責任に見合ったものでないと……いいかしら、あなたの話からすると、あなたにはいっぱい考えなくちゃならないことがある。だから今日は名刺を渡させて、それで、あなたがわたしにやらせたいと思う仕事がわたしに合っているように思えたら、電話して」 と、バーで隣り合い神のモヤモヤを晴らしたゾーエは、現代のキャリアウーマンらしい言葉を吐いた。神は至極気に入った。

 そこから、自分の迷いが吹っ切れた神さまは、世界の改造へと進むことになる。ミステリーの名手の本の終り辺は、楽しんで読む方々のために伏せておくことにしよう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。